体臭ケア正しい方法と知識

体臭ケア正しい方法と知識

女性特有の体臭というものがあります

というのも、女性には男性にはない月経がありますので、デリケートゾーン周辺には月経の時に発生する雑菌などが滞在しやすくなっております。
そのため、丁寧に洗っておかないと陰毛部分に付着してしまった雑菌が匂いを発生させて時には、悪臭だけでなくかゆみや蒸れなどを引き起こす可能性があります。

なので、一番よい方法としては、デリケートゾーン専用の石鹸を使用することがよいとされています。なぜデリケートゾーン専用の石鹸を使用するかというと、女性の体は男性よりも肌が弱くそして粘膜も薄いため刺激の強い石鹸を使用していると体に刺激が強すぎて交感神経も刺激されてしまいます。

その結果、刺激された交感神経からの伝達で汗を過剰に分泌するようになり、その汗を栄養にして常在菌が分解と繁殖をしてしまい、匂いもまた発生させてしまう構図が出来上がってしまいます。
従って、部位に分けて石鹸を使い分けるというのが一番体にとっても体臭ケアにおいてもよいことと理解をしておく必要があるといえます。

洗い方は間違っていませんか?

デリケートゾーンの匂いを抑えるために過剰な洗い方をしている方がいればそこも要注意が必要です。
デリケートゾーンは血液などの分泌液が付着しやすい場所にもなります。

それが原因で匂いや雑菌の繁殖が起こるというのは先ほどご説明をいたしましたが、膣内まで指を突っ込んで洗うというのは逆にやってはいけないこととなります。

というのも、膣内には雑菌の侵入を抑える防衛反応がもともと備わっていますので、石鹸など人工物で作られた効果の強いものを使用すると膣内の防衛反応が次第に衰えていき、能力が低下することにもつながる恐れがあります。
匂いを抑えたい方や綺麗好きな方にも多い洗い方ですがその洗い方は間違っていますので注意が必要です。

手の平で優しく泡だけで洗うのがよい!

一番のよい方法は、手の平で十分に石鹸をこすり泡立てること。
そして泡立てた石鹸の摩擦だけであとは患部をさするだけ十分な洗浄効果があります。

洗っているという手応えは最初のうちはありませんが、継続していくと匂いが抑えられていることにも自分自身で気がつくはずです。
少しの洗い方を変えるだけで簡単に体臭ケアにつなげることができますので、ぜひ手の平で優しく泡だけで洗うというのを行ってみてくださいませ。
匂いのある部分は神経や皮膚の粘膜が薄く刺激に弱い部分になりますので、力加減にも気を配りながら体を清潔に行うとよいでしょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)