汗の仕組みとまんこ(デリケートゾーン)のケア方法

デリケートゾーンの匂い対策

汗には匂いがない!?

まずはじめに、汗には匂いがないというのはご存知でしょうか?
汗自体には匂いはなく、多汗症だから汗臭いという言葉もありますが多くの人の認識では汗には特有の汗臭いというにおいがあるものと考えている人が多いのが現状です。

においが発生する主な原因は2つ

汗をかいた時ににおいが発生する原因は実は別のところにあるというこをまずご認識いただく必要があるということをご理解くださいませ。
まず、においが発生する主な原因としては、2つ考えられます。

1つ目は、食事です

そもそも汗とは、他ないの温度を調整する際に流れ出るものや体のそとへ不純物や老廃物を排出する防衛反応として行われる生理現象です。
そして、食事についてですが主に「肉食」の方は体臭がにおいやすいということが言われています。
汗は体内の血液とも関連しております。
お肉を食べると体内の血液には脂肪酸やたんぱく質が混ざるようになり、本来であれば体のエネルギーや筋肉の一部として吸収されますが余分なものは汗とともに排出されます。

その排出される際に、汗の中に脂肪酸やたんぱく質を含んだ汗を出すことでにおいが出てくると言われています。そしてその2としては、体には常在菌という常に体に潜んでいる菌が存在します。

その菌は、汗を分解して雑菌を繁殖させる役割をになっているため、脇の部分や陰部など比較的湿り気のある体の部分には注意が必要です。
分解して雑菌が繁殖を行い出すと、雑菌のにおいが汗と混じって汗臭いという特有のにおいにもつながります。また、ワキガの人はアポクリン汗腺という汗の線からでた汗に雑菌が繁殖して発生するにおいを指しており、もう1つの汗腺であるエクリン汗腺から排出された汗はワキガ特有のにおいはもっていません。なので、同じ汗でも出る場所によってにおいが変わるということも理解しておく必要が有ります。

そして、デリケートゾーンは、体の中でも皮膚が薄くイン部には、粘膜もありますので非常に繊細で敏感な場所。

においを消したいからといってゴシゴシと洗浄力の高い石鹸やボディーソープを使ってしまうのは逆効果ということを覚えておいてください。

デリケートゾーンには、雑菌の繁殖を抑えるための強い酸性をもった部分でり、石鹸などの酸性を加えてゴシゴシと洗浄をすると、体に必要なもともと備わっている防衛反応を低下させてしまい、新しく防衛反応を作り出している間に雑菌が侵入して病気になるということもありますので、アルカリ性の低刺激のものをつかうなど部位によって使い分ける必要があります。

■関連デリケートゾーンのケアサイト
まんこ臭い

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)